ミュージックマシーン


■Theピーズ 大木温之インタビュー
■もう惑わないはず(?)の40歳直前に、ギリギリの傑作ロックンロールアルバム「赤羽39」が完成。その制作過程を根掘り葉掘り!

Theピーズ
「赤羽39」
1.体にやさしいパンク
2.ノロマが走っていく
3.リサイクリン
4.東の窓
5.生きてれば
6.焼めし
7.クリスマス
8.グッタリしたいぜ
9.風の夜
10.40
11.耳鳴り
12.サマー記念日

■発売日:2005年11月2日
■価格:3,000円(税込)
■品番:KICS-1189
■発売元:KING RECORDS

■「赤羽39」をamazonで購入

 
  ■パソコンやってる人を見てるだけで気持ち悪くなる

――すみません、話を戻します。ええと、鼻歌で曲を作って、それをどうするんでしたっけ?

ラジカセ。ラジカセに録っておくだけ。それが溜まっていく。で、ライブの前とか探して引っ張り出してきて、テープに赤マルつけたりとか、それをメンバーに弾き語りでちょっと聴かして完成。すぐできちゃう。

――歌詞はいつ書くんですか?

歌詞はメンバーと音あわして、これはバンドで使えそうだとなったら、ライブの日までに、とかレコーディングの日までに、考える。

――完全にメロディが先なんですね。

メロディがないと景色が見えないんだよね。メロディとコードで景色とか温度とか見えれば、歌詞もなんとなく書ける。

――では曲を作るときにベースは弾かないということですよね。

ベース、弾かないねえ。

――バンドであわせるときだけ?

バンドであわせるときだけ。

――新曲をメンバーに聴かせるときはどんな気分ですか。照れくさい気持ちもあったりしますか?

いや、そりゃあバンドはじめたばっかりのときは照れもあったかもしんないけど、いまはもうあきらめてるよね。「これ俺の仕事だし」って。

――曲に対するアビさんやシンイチロウさんの反応はどんな感じなんでしょうか?

んー、いいときはいいって言ってるような気もするけど。ダメなときは、あれ、どうかな、ダメって言ったことないんじゃないかな。俺ダメなやつ持ってかないしさ。ぱっと1、2回やってみて「おかしい」と思ったら俺そこでもう「忘れてくれ」って言って消しちゃうからね。しんちゃんは「もうちょっとがんばってみよう」みたいなこと言うけどダメなもんはダメだな。その場ではすぐ修正はできないからね。

――ボツになる曲というのは多いんですか?

覚えてないけど、けっこうあんじゃないかな? テープ自体も消しちゃうからね。

――テープに録ってバンドに持っていかないものもたくさんあるわけですよね。

うん、ぜんぶ消しちゃうね。あ、でもデッキ壊れちゃってさ、最近消せなくなっちゃった。あれ溜まってんのなんとかしないとな。いま発掘されたら恥ずかしいからな。

――ずっとラジカセなんですね。まわりのミュージシャンはいろいろな機材を使っている方も多いと思いますが。

俺、なんか機械がめんどくさくなっちゃってさ。携帯も持ってねえしさ。パソコン見てるだけで気持ち悪くなるしさ。パソコンやってる人を見てるだけで気持ち悪くなる。だからオフィスとか入れないのよ(笑)。まあ不便だよね、ホントは軽くアレンジとかされたテープを渡して「次の練習までにこれで」とか言ったほうが便利なんだろうと思うけど、でもいまのこのメンバーだったらそんなわざわざこっちがアレンジを考えたものを用意しなくても、30分くらいでできてしまうからね。家で打ち込みやったら3日かかるからね。やっぱメンバーっていいよ。それにアレンジこだわって作ろうとするとね、なんかほかの曲とたぶん明らかに毛色が違ってきちゃうんだよね。隙間が多くなる。わりとピーズは飽和してるからさ。

――飽和?

なんか演奏がすっきりしてなくて、こもってるっちゅうかさ。ギターのカッティングとかもそんなにメリハリなくダラーっとして、ベースとかも手癖で動いて隙間なくてさ。でもいまからアレンジしっかりやろうとして急にリフものばっかり増えてもさ。リフもの作るってもベースから作るだけでそんな変わんないかもしんないけど。機械、機械ねえ……。デジタル・オーディオ・トラッカー? 違うな、ミュージックレコーダー…? あ、マルチトラックレコーダーか! 昔のテープのやつ。ピーちゃんが貸してくれてるんだけど俺ぜんぜん使わないんだよね。

――あ、そういうのも使わないんですね。本当にラジカセ1台なんですね。じゃあ家でリズムパターンを試行錯誤してみたり、そういうのもまったくなしということで。

リズムパターンなんて、そんなのは佐藤センパイがあらゆる引き出し持ってるでしょ。

――ああ、そうですね(笑)。

アレンジとかもさ、昔聴いて影響受けた音楽たちを消化するだけで十分だよ。まだぜんぜん足りないような気もするし。いまから新しいことに手ぇ出しても満足するまでに何年かかるかわからない。音もどんどんアナログにしたいし、逆行してるよね。


>> next (3/4)